人間には顕在意識、潜在意識の2つの意識が存在すると言われています。顕在意識は生まれてから構築し続けてきたものであり、人それぞれの価値観や世界観があります。人それぞれが判断基準を持ち、それによって行動をおこして行き結果を比べて行くものです。

2つの意識の中でも潜在意識を上手く活用できる人とできない人がいます。しかし、この違いは理想を現実に出来るかできないかなどにも多くの結果を左右することもあるのです。

 

潜在意識を上手く活用していくためには『観点・判断基準・認識』そして何より『思考パターン』を理解していくことがとても大切になります。

本日も当ブログにお越しいただき誠にありがとうございます。

スピリチュアル心理塾 塾長

ビジネスプロデューサーの森岡 天志です。

 

本日は意識についてお話しをいたします。

 

早速ですが、まずは自己診断をしてみましょう。

あなたはどっち?

①自分の考えを曲げない

②違う意見を取り入れて工夫してみる

 

①だと思う方

自己中心的思考が強い可能性があります。

自分の考えに固執し自己分析力が低い傾向が強そうです。すると自分の判断基準が分からない人が多いようです。

 

②だと思う方

人の意見を取り入れることが上手で自己分析力が高い方が多そうです。こちらの方は自分の判断基準をよく分かっている方が多く見受けられます。

 

 

どちらにしても傾向のお話しですので、これだけで何かが決まることではございませんのでお気になさらずに

 

しかし、人間は常に人間と関わり合いながら生きていくものです。

自分がどんなに意識をしていても周りからの影響で自分の心が不安定になってしまうこともあります。

 

なので、まずは自分自身のバランスを整えることから始めらえると効果も出やすいかと思っています。

 

潜在意識を活用するためには

顕在意識のパターンを変化させることが重要視されます。

 

どんなことかと申しますと、人間は赤ちゃんの時には価値観が構築されていません。

例えば、生まれたきた赤ちゃんにミルクしか飲まさなかったらどうなるでしょう?

おそらくずっとミルクしか飲まないのかも知れませんね。

 

これはどういったことか?と申しますと

『比べる対象がないから』です。

 

人間は成長と共に比べる基準などを構築していきます。そして中には固定観念と言うものを構築していく訳です。

 

心理学で言うとブロックとかビリーフ、制限などとも言われることがあるでしょう。

 

 

この固定観念は潜在意識を活用する時に妨害を与えてしまうことも・・・・・

決めつけや思い込みなどが潜在意識を使えないようにしていっている可能性がある訳ですね。

 

潜在意識を活用するために

その①

判断をしなくて良いところでは判断をしない癖をつけていく

 

自分価値観を周りに提供(押し付け)し続けると、思考が歪曲する恐れがございます。

もちろん人の意見ばかりではなく、自分の意見も言う必要がある時はございますがバランスは大事です。

 

どうか裁判官にならないように・・・・・・

 

人の勝手

 

そんな時はほっておいてあげることです。

 

そして、この判断ばかりしない、これには今後も出てきますが、あなたの人生を大きく変える大切な要素も含まれているんです。

 

少しだけお話しをしますと、判断ばかりすると『いつでもどこでも楽しみを見出す』ことに貧しくなってしまう可能性が高まるからです。

 

本日も最後までご覧いただき誠にありがとうございました。

次回配信も楽しみにしてください!!

 

明日も良い一日になりますように!

 


スピリチュアル心理塾 メルマガはこちらから

⇒https://teamp.jp/p/r/j3hsd38g


スピリチュアル心理塾 LINE@

友だち追加

■LINE@
LINE限定情報の「未来を先読みして理想を現実にする方法の秘訣」をお届けします。

PCからの登録は以下から。
@cpi3135z


■YouTubeチャンネル 『スピリチュアル心理塾』
スピリチュアルと心理学を結合させて理想を現実にしていくヒント動画が満載!
右側の「チャンネル登録ボタン」を押して動画を購読しましょう
⇒https://www.youtube.com/channel/UCOeR1uoOfY0LNHQiEApfd_w


■facebookページ 『スピリチュアル心理塾』
是非ページ『いいね』してくださいね!
⇒https://www.facebook.com/futures6


 

 

LINEで送る
Pocket